ルイ・ヴィトン日本人の最初の購入者は板垣退助だった

ニュース

ルイ・ヴィトン日本人の最初の購入者は板垣退助だった

フランスの高級ブランド「ルイ・ヴィトン」のかばんを日本人で初めて購入した人はこれまで、元土佐藩士の後藤象二郎であったとされてきましたが、この度「板垣会」公文豪副理事長がルイ・ヴィトンジャパンを通じてパリ本店に照会して判明したところ板垣退助が後藤より3週間早く購入していたことが分かったようです。

▼板垣退助が購入したルイ・ヴィトンのトランク

板垣と後藤は1882年、横浜からフランスの郵船に乗り、パリに到着。ロンドンなどを外遊し、翌83年に帰国した。公文副理事長によると、ルイ・ヴィトンジャパンの初代社長、秦郷次郎氏が著書の中で、後藤の顧客カードを写真と共に紹介。これがもとで「後藤が日本人初の顧客だった」との説が広まった。

しかし、昨年、東京都内であったルイ・ヴィトンの展覧会を機に、公文副理事長が購入記録を照会。1883年1月9日に「Itagaki」という人物が、シリアルナンバー「7720」のトランクをパリで購入していることが判明し、このナンバーが、板垣の子孫が保管していたトランクのタグの番号と一致した。この3週間後の同月30日、後藤が二つのトランクを購入した記録があるが、現物が確認されていない。

出典 http://mainichi.jp

藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!
1
  • Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録
  • 5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ
Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

カテゴリー

月別アーカイブ

世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。