大絶賛!? カンニング竹山「加計学園問題って何が悪いの?」

ニュース

大絶賛!? カンニング竹山「加計学園問題って何が悪いの?」

新聞、テレビなどのマスコミが加計学園問題について、安倍首相や官房長官、文科省などの対応について批判、かつ一部偏った報道をしている中、カンニング竹山がテレビ情報番組で、本質的な部分を突いた正直な発言をし、ネット上で絶賛されている。

「この問題ね、何が悪いのか、どこが悪いのか」

TBSビビット、カンニング竹山発言

カンニング竹山さんは6月12日放送のTBSの情報番組『ビビット』で、加計学園の文書問題について正直な疑問を投げかけてくれました。

「この問題ね、何が悪いのか、どこが悪いのか、本質がよく見えない部分があると思うんですよね。こういうこと言うと『竹山は政権寄りだ』とか言われるんですけど、僕は決してそうじゃないけど…。もともと今治市に獣医学部をつくろうって話になって、安倍総理と加計さんが友達だったから何かあったんじゃないかって言われてますけど、地方の大学ってなかなか人が集まらないんですよね今。そこで特区をつくって今治市が獣医学部をつくろうってなった。ところが獣医学部は52年間許されていなかった。ここがまず僕は引っかかるんですよね。なぜ52年間も獣医学部はダメだったのか?ここに何かあったんじゃないかって」

実際、愛媛県今治市への加計学園の獣医学部誘致を進めた加戸守行・前愛媛県知事は愛媛新聞の取材に対し、四国では獣医師が不足していて、獣医学部の開設は悲願だったと語っている。

愛媛新聞、加戸前知事が加計学園について語る

文書についてカンニング竹山の疑問が続く

「で、じゃあ文書があったとして、本当にそれが悪いのか。裏でお金が動いていたら別ですけど、そうじゃなくて文書があったからといって何が悪いのかな?」

カンニング竹山の本質を突いた疑問であったが、スタジオでの話の流れは安倍総理が不公平に加計学園を選定したことが問題なのだ、友人の加計理事長をひいきして他の学校の機会を奪ったのではないかという話に持っていこうとする。
カンニング竹山はどうも納得していない様子でした。

加計学園は長年に渡り、獣医学部新設に向けて真剣に話を進めてきた団体で、提案の質は他校よりも極めて高かった。さらにただの金儲けではなく、正しい理念をもっていると感じられ、最もふさわしかった。

そもそも安倍総理と加計理事長が不当に癒着しているなら、民主党政権に変わる前の段階でもっと早く獣医学部が許可されていたはずだ。政府の戦略特区構想と加計学園の能力がうまく一致したから話が進んだのであり、安倍総理の意向は関係ない。

したがって「総理の意向」と記された文書が文部科学省内で見つかっても全く問題はない。やはり立ち返るところはカンニング竹山が放った「何が悪いのか分からない」というところだろう。

出典 http://netgeek.biz

Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録
1
  • 5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ
  • 藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!
憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!

関連記事

カテゴリー

月別アーカイブ